神楽坂・路地シンポジウム

 夕方6時から神楽坂の鳥茶屋横の路地の奥、東京理科大学森戸記念館で、連続・路地シンポジウム(NPO法人粋なまちづくり倶楽部主催)。今回が3回目で、神楽坂に住み始めた縁もあり、現代の「路地」文化の可能性というものにも関心があって、前回から参加している。今日のテーマは「江戸の粋と路地の文化」と題して法政大学の田中優子教授が講演。江戸学の大家による話は面白いネタが満載だった。特に吉原の路地や、「あがりがまち」が印象に残る。
 江戸の路地といっても、浮世絵に残っているような路地は、霞ヶ関(大きな武家屋敷が並び、坂上からは東京湾が見える“名所”)、日本橋、それに吉原遊郭が代表的だと言う。神楽坂の路地は、そもそも花柳界の勃興が明治からだし、戦争で全部燃えているし、江戸時代は、下級武士の街、だったらしく、路地の記録はほぼ残っていない(前回のシンポでもそういう報告があった)。
 そのころの路地、というのは、長屋があって、そこに木戸があって、それが「路地空間」を作り出しているんですね。その中は、複合ショッピング・オフィスセンターであり、かつ上水道、排泄物リサイクル、ゴミの搬出(埋め立て用)など、かなり高度な生活インフラがあったらしい。
 中でも面白かったのは、“あがりがまち”。膝丈の玄関で、来客者がついつい“腰を掛けてしまう”。つまり、玄関には入るのだが、家の中には入らない。外での立ち話でもなく、家に上がってもらって話すでもない、その中間的なコミュニケーションが、そこには成立している。過度に立ち入らず、さりとてよそよそしくない。なんとなく家の様子もわかり、それでも“知らない振りをする技法”を身につけている。現代にはなかなか見られないその構造と人間関係の関係性の指摘は面白かった。そういえば祖父の家もそうだったな。なぜかゴールデン街とかバンコクのパッポン通りを思い出す。
 吉原の大門をはじめ、木戸と路地も有名だったそうな。特に春は桜の名所として江戸の一大観光地だったが、実はこれ、開花直前に木々を持ってきて植え込み桜並木を路地の両脇に作り、花が終わるとまた抜いてしまうという。夏には1ヶ月のお祭りがあったりと、吉原は書き割りの街、「江戸時代のディズニーランド」だったそうな。

はまのゆかさんの個展

 今や絵本作家、はまのゆかさんの個展に原宿の SEE MORE GLASSへ。はまのさんと会うのは半年ぶりぐらいだ。『13歳のハローワーク』があれだけ売れて、さぞ周りの環境が変わっただろうに、本人は全然変わっていない。前回に続きMamechanの展示。相変わらず、可愛らしく思わず微笑んでしまうような、子どもの心の懐かしさと暖かさを感じる絵で和む。はまのさんはこの6月と8月に相次いで絵本を出版する。志をもってひたむきにそれに突き進むはまのさんの意志の強さには、いつもながら感服する。そして、村上龍さんとはまのさんがこうして惹かれ合う理由は、もしかしたら「他には何もない」という境地から自分を突き詰めていった経験の匂いのようなものを感じ合っているからではないだろうか、とフと思う。さらなる飛躍を陰ながら応援します。

レイヴ@河口湖

 清野栄一さんのBalearic Sunriseのパーティに行く。河口湖から139号を本栖湖方面に15分ほどいった「地球大使館」が会場。夜11時ごろにバイクで到着。満天の星空のもと、清野さんがDJブースで回している。夜半過ぎから人が増え始め、200人ぐらいだろうか。この人達は、なんで踊っているんだろう、何の為にこの河口湖畔までわざわざ来たのだろう、という疑問が、ずっと踊りながら頭をもたげる。その答えを、僕は知っているような気がしたし、ここにいるみんなも知っているような気がするが、それが言葉になっていない。そういう、誰もが感じていて、大切に思っていること、そういう本を、その人達のために作ることが、「素晴らしい本」を作ることのヒントだと分かった晩だった。
 今までは、踊ることの楽しさや、パーティのすばらしさを、これを知らない一般の人たちに知らしめる為に本を作りたい、と思ったが、そうではなくて、今、ここに来ている人たちが心から楽しめるような、つまり、今踊っているのと同じように楽しめる本をつくることが、結局は究極の目標になるのだろう、と思った。
 メインの野外ブースの隣のsolar cafeでは、「踊る社会学者」上野俊哉さんや、Nicageことフリーeditorの木村重樹さんもDJブースに入っていて、バレサン勢揃い。木村さんの、Bijokのテクノverの曲がめちゃくちゃ格好良かった。あのタイトルは何だろう?

Bowling for Columbine

 会社を休んで家で『Bowling for Columbine』のDVDを観る。99年4月にアメリカ中西部の街で起きたコロンバイン高校の銃乱射事件を題材にした「アメリカの銃社会について」の映画という触れ込みにはあまり惹かれなかったので観ていなかったが、内容は全然違った。これは「不安を植え付けられる社会」としてのアメリカを端的に描いている。銃を手放さないのも、外国に行って爆弾を落としてくるのも、黒人男性の殺人事件が過度にメディアで流されるのも、全てはこの「不安を植え付けられる」社会というプリズムの異なる光彩でしかない。だから、コロンバイン高校の事件と911の映像がつなげられても、違和感を感じることがない。その連続性は驚くべき事だ。
 自分たちは、アメリカやアメリカ文化が身近なようでいて、実は全然分かっていないということを改めて思い知らされる。銃を持つ「自由と権利」や白人至上主義やあまりにも退屈な田舎都市の日常を僕たちは分かっていない。文化は輸出できても、「不安を植え付ける社会」をアメリカは僕らに輸出できなかったのだろう。なぜなら、今もまたイラクで、彼らは失敗を繰り返している。
 作品中で僕が注意を引かれたのは、高校生の日常についてインタビューしているところだ。小学校6年で選別がされ、7年でされ、8年でされ、どんどん「良い生徒」と「だめな生徒」が分けられていく。一度「だめ」だと言われると一生「だめ」なまま生きていかなければいけない、と想像することの恐怖を僕は少しは分かるつもりだ。フランスのエコール・ド・パリの話ではない。アメリカの片田舎の平凡な高校でそういう恐怖心と隣り合わせで生きている高校生がいる、という次元から考えていくことが必要ではないかと思ったが、作品の中ではそれ以上踏み込んだものはなかった。メールマガジンJMMで冷泉彰彦氏が指摘していることの意義を改めて噛みしめる。
 「メディアこそ正義を実現する最高の武器だ!」とマイケル・ムーア監督が言う時、そこに「武器による正義の実現」という、敵と同じレトリックが容易に潜り込み得る点を指摘することは容易い。それでも、その威力ある武器の正しい使い方を示したこの映画の功績は大きいと思う。

文學界新人賞

 第98回文學界新人賞が6月号で発表されて、早速読む。受賞作の「介護入門」は、圧倒的なテキストの量とリズムと自意識の氾濫に、確かに圧倒された。マリファナのトリップ感が、自宅介護で嫌が応にも向き合うことになる自己の内面と肉親との距離感というか摩擦具合を巧みに表現しているのではないだろうか。ドラッグ小説、というかトリップによって意識の探訪にでる手法には常々稚拙さを感じるが、今回はギリギリでOKだと思った。「介護」というトピックスの「現代性」と同時に、いかにそれが元来人間に身近なものであるかを示す好例。作者のモブ・ノリオ氏のキャラクター小説と言える気もする。受賞のコメントが良かった。好き嫌いがあるだろうし、僕は本人は嫌いだと思うけど、あのテキストは認めたい。
 一方、佳作として掲載されていた「静かな雨」は、どうしようもない駄作だと思う。特に「介護入門」のあとで読むと、辛い。江國香織や他の「最近の小説」の亜流という評価があったけど、最近の小説のほうが、全然「上手い」でしょう。比べるのは酷だと思う。「何も起こらない」のなら、せめて文「芸」でもっと読ませないと。

戦争とマスメディア

 学習院女子大学の石澤靖治先生の論文『戦争とマスメディア』を熟読。これは博士論文なので、そのまま出版できないのが惜しまれる。湾岸戦争時のアメリカの政権とマスメディアの関係性を丹念に調べ上げ、ジャーナリズムが当時のブッシュ政権に「完敗」した裏側に迫っている。その指摘は、当然現在のアメリカ・マスメディアをも射程に置いている。石澤さんは『大統領とメディア』や『総理とメディア』をはじめ、メディア論の論客だが、その集大成とも言える論文で読み応えがあった。いつか日の目を見るときが来るといいのだが。
 個人的には、湾岸戦争当時ジャーナリズムが敗北した一因として、一連のレーガノミクスと吹き荒れるM&Aの世相の中でジャーナリズムが商業化に走り、結果として弱体化を招いたという指摘が印象に残った。現在の日本の出版界には耳が痛い指摘だろう。

Plologue

 90年代から00年代へ、僕たちはまだ生きている。20世紀から21世紀へ、それはあまりにも凡庸な変化だが、ちょうどそれが世紀を「越える」時代であったように、僕たちは、いつも何かを越えよう/超えようとしてきた。それは何だ?
 一つの言葉を見つけること。「トランス」。英語ではTRANS-/TRANCEと書くこの言葉は、何かを越える/超えるイメージを持つだろう。そして、越えるということは、AとBの間の障壁を壊すこと。AからBへ移ること。AとBを結ぶこと。Aという次元から自由になること……。
 現代日本の希有な思想家、柄谷行人がその著書『トランスクリティーク』で示したカントからマルクスへの跳躍と接続。それが、今なおこの僕たちの生き方を規定し続ける高度資本主義社会への唯物論的批評と、ポストモダンを経てもう誰も内面の自明性を予見できなくなった主体性への根元的、倫理的批評を「結ぶ」ものだとすれば、僕たちはまだ、この20世紀に書かれ21世紀に刊行された柄谷的問題の射程内にとどまっている。
 トランスクリティークとは、柄谷によれば、カントからマルクスを読み、マルクスからカントを読む「transcoding」の試みである。同じように、僕はこの00年代の「トランス」の時代を縦横にtranscodingしてみようと思う。トランスについての、トランスな批評。それは常に場所を変え、時代を越え、思想を超え、紡ぎ続けられるはずだ。