カテゴリー : people

田中功起|オープンゼミ

 ゲスト講師となった田中功起さんを見に行く。管啓次郎さんマリオさん経由で知ったこのオープンゼミ。正式には明治大学理工学部新領域創造専攻ディジタルコンテンツ系管啓次郎研究室オープンゼミ@明治大学秋葉原サテライトキャンパス。田中功起の作品は直接見たことはなくて「なんとなく知っている」程度だったのだけれど、その経歴やインスタレーションそのものへの興味もあって参加してみることに。何しろ作家本人が目の前で2時間も作品解説をしてくれてしかも無料なのだ。大学とは(というより管さんが、だ)なんと素晴らしいところなのだろう。
 田中功起の作品は容易に言語化できるものではないけれど、その核となる部分は今回のゼミで驚くほど明解にされていたと思う。それはアーティストという以前の、「行為者」そのものを剥き出しにしていく作業であって、あるいは彼の説明でもあったけれども、「行為」が生まれるその瞬間、確かに行為がなされてしかしまだ意味づけされていないような、古い言い回しで言えば浮遊するシニフィアンのような、その瞬間を剥き出しにしていく作業に思える。特にゼミのタイトルにもなっていた「everything is everything」という作品。そこには日用品(ダイソーやキャンドゥーで手当たり次第に購入した)に対しいかに日常とズラした行為(投げる、置く、突く、倒す……)を加えられるか、という単純かつプリミティヴ、そして限りなく非日常の行為が延々と続く。「とにかく思いついたことを、その場でみんなでどんどん試したみた」というそのコメントは、田中功起の作品全体を貫く通奏低音であり、その行為が生まれる瞬間を見せられるからスリリングなのだ。だからといって、偶然性だとか、不条理だとか、そんな意味づけは一切当てはまらない。あるいは必要ない。逆にそのプレゼンの仕方自体はもの凄く計算されている。そこが行為者パフォーマー/アーティストをつなぐ、あるいはビデオアートとインスタレーションをつなぐ田中功起のスタイルなのだと思う。

 質疑応答で印象的だったのは、「何かメッセージは含まれていないのか」という質問への答え。要するに「ない」のだけれど(「行為」と「意味」の間に位置する、普段は意識しない「世界のレイヤー」を加える作業だから、という説明をしていた。管先生はそれは詩という行為に似ている、と言っていた)、逆に欧米に行くといつもその質問をされるという。つまり、海外には political art しかないのだと(この質問をしたのも欧米系の留学生だった)。どんなアートでも、メッセージがあって、それを表現する手段としてのアートという位置づけになっている(だからマリオさんがロンドンの街角でライブ・ドローイングのパフォーマンスをしているとすかさず「これはフリー・チベットか?」という質問が来るのだろう」)、というのはたしかに「近代的」であって、これまた古い言い回しだけれども、ポスト(or プレ)モダンに突き抜けている日本の文脈はすでにそこから完全に自由になっている、その日本の「先行性」のようなものを再認識させられた。
 ちなみに田中功起さんはとても「しゃべれる」人で、しっかりとアートを言語化していくので講義は作品もトークもとても楽しめた。彼自身にもその自覚があるのだろう。podcastでトークの発信もしている。こんどご自身のギャラリー青山|目黒でも展示があるらしいのでこっちも行ってみたい。

エイミー・ベンダーの会


 元角川のYさんに誘われてエイミー・ベンダーの会へ。今年邦訳3作目となる『わがままなやつら』が刊行され、担当編集者のYさん、翻訳をされた管啓次郎さん、『私自身の見えない徴』や『燃えるスカートの少女(文庫版)』の装画を描かれた山田緑さん、写真家の藤部さんに、エージェントのマリオさんという陣容に混ぜていただいた。下北のトロカデロハウスで気持ちのいい時間を過ごす。管さんが楽しげにRICOHのデジカメ、GRで写真を撮られていたのが印象的。そういえば前日は三浦展さんが同じカメラを持っていた。

三浦展さん忘年会

 今年『マイクロトレンド』の監修でお世話になった三浦展さん主催の忘年会で神宮前のyaoへ。モダン建築として余りにも有名なヴィラ・ビアンカのお店というのが三浦さんらしい。出版関係だけでなく、多業種入り乱れての盛大な忘年会。今年一番のヒットは『下流大学が日本を滅ぼす!』(ベストセラーズ)だとか。

メアリー・ローチ来日


 来日している『セックスと科学のイケない関係』の著者メアリー・ローチと担当編集者MとタトルTさんと新宿のシャーウッドでディナー。僕は前著2作『死体はみんな生きている』『霊魂だけが知っている』の担当編集者だったのだけれど、なぜ今回は担当を降りたのかと(冗談で)突っ込まれる。その理由は新作を読んでもらえればわかるはずなのだけれど、メアリー・ローチは思ったよりはお年を召していて、それでも体当たりでこのテーマと取り組んだのはさすが。書きぶりに違わぬ面白い方だった。

カート・ヴォネガット死去

 カート・ヴォネガットが死んだ。20世紀アメリカを代表する作家のひとり。60年代、ペーパーバックで刊行された彼の作品は、当時の学生たちのカルト的人気を得て、アメリカのカウンターカルチャーを下支えした。それ以上に、20世紀の作家として最も教科書への登場回数が多い人物、と言われるほど、彼はアメリカのイコンとなっていた。アメリカだけではない。日本では浅倉久志さんの訳で有名だけれども、村上春樹氏がヴォネガットの影響を受けたことを公言しているし、柴田元幸氏はたしか卒論がヴォネガットだったと読んだことがある。池澤夏樹氏は『母なる夜』を翻訳しているし、今、手元にある『吾が魂のイロニー〜カート・ヴォネガットJr.の研究読本』(1984年刊!)には、村上氏や池澤氏のほかにも高橋源一郎氏や橋本治氏など、そうそうたるメンツが並んでいて面白い。つまりは、みんなヴォネガットを通過してきたのだ。
 そして70年代生まれの僕は、村上春樹を通してヴォネガットと出会った。これもまた世代の典型例なのだと思う。そしてSFともユーモアともとれる彼の作品は、不思議と芯の部分で若者の閉塞感や矛盾や希望を代弁してくれていた。有名な彼のフレーズ「so it goes…(そういうものだ)」は、そんな若者特有の時代へのレジスタンスだったと思うし、肩肘張らないことで(それは村上春樹の「やれやれ」に縮小再生産されたのかもしれないけれど)妙に性に合っていた。
 そんなヴォネガットが死んだ。彼の、生前最後の本となったのは、「A MAN WITHOUT A COUNTRY」で、一昨年の九月にアメリカで発売となって、ベストセラーとなった。ニューヨークタイムズの追悼記事でも述べられているように、本書の最後に、「Requiem」というタイトルのヴォネガットの詩が添えられている。
When the last living thing
has died on account of us,
how poetical it would be
if Earth could say,
in a voice floating up
perhaps
from the floor
of the Grand Canyon,
“It is done.”
People did not like it here.
RIP

masacova!さん

 来月刊行の新刊の装幀の打ち合わせで、masacova!さんとデザイナーの戸倉さんと駒沢で打ち合わせ。masacova!さんはポラロイドでカリフォルニアやハワイをはじめ、少しノスタルジックでポップな独特の作風で大好きな写真家。自分がSX-70を使い出してからすぐに、彼女がピエブックスから『Holiday in』という写真集を出して、それ以来いつかご一緒に仕事をしたいと思っていたのだけど、今回の翻訳書の作品世界にぴったり! ということでコンタクトをとったらご快諾いただいた。
 お会いしてみるとそれは素敵でチャーミングな方で、作品集以外にもたくさんのポラをお持ち頂いて、ひとつひとつ拝見する至福の一時。部屋で飾っている『カメラ日和』のカバー写真もあったりして。masacova!さんは、ふだんは690で撮られているとのこと。ポラ話もいろいろできて楽しい一時。装幀のあがりが本当に楽しみ。

山崎元さんとダニエル・カーネマン

 ダニエル・カーネマンが一般読者向けの本を企画しているらしい。アメリカでの刊行は1年後ぐらいになりそうなのだが、日本の翻訳書業界も色めきだっている次第。ノーベル経済学賞受賞者の初の一般書ということもあり、そうとうに注目大だ。そもそも「行動ファイナンス理論」というもの自体が、さまざまにつまみ食いされながら日本でも紹介されているものの、アメリカからの移入状況はそれほどスムーズではないようだ。もちろん投資・証券業界では相当に研究されているだろうし、たとえば信州大学の真壁昭夫さん(『最強のファイナンス理論-心理学が解くマーケットの謎-』講談社現代新書)や、林康史さんの翻訳など日本でも紹介があるものの、一般書としてより広いマーケットがあるはずだ。最近はやりの、群衆知やクラウド・ソーシングというとこまで、もしかして射程内にあるのではないだろうか。マーケットというのは、いわば究極のオープンソースとも言えるからだ。
 そもそも僕がカーネマンのことを知ったのは、経済評論家の山崎元さんにもう何年も前に教えていただいてからで、山崎さんはカーネマンの考え方をとても分かりやすい形で日本に紹介している一人と言える。先月も夜ご一緒する機会があって、こうした「合理的な人間の意志決定に影響を与えるさまざまな心理バイアス」というものについて、興味深いお話をたくさん聞かせていただいた。もちろん狭義の「投資」ということに限っても、こうした知識に基づく「経済護身術」が必要だし、いまや行動ファイナンス理論を巧みに取り込んだ様々な商品に対して、それらを「解毒する」リテラシーは必須となっている。より一般向けの行動ファイナンス本ということでは、山崎さんも必ず面白いものを書かれるはずだ。
 僕がもう3年前に翻訳書編集部に移った際に、山崎さんから「脳科学とファイナンス理論をまとめた本がアメリカではいくつか出ていて、ぜひそのなかの良書を日本で出して下さい」と言われていたのだが、今回のカーネマンの企画はまさにそんな一冊。日本での刊行が楽しみだ。