カテゴリー : book / movie

クリス・アンダーソンから日本人への質問 ~『MAKERS』編集後記2

※以下はNHK出版の『MAKERS』サイト「MAKER MOVEMENT!!!」に寄稿したものを転載したもの。

___

 

「教えてほしい。彼は100%メイカーで、その価値観を共有しているのに、なぜ大企業に就職するんだろう?」


 それはWIRED Conference 2012の控え室での出来事だった。とある日本の学生とひとしきり話していたクリス・アンダーソンが、彼が去ったあとで真顔で僕に問いかけてきた。その学生さんは、デジタル・ファブリケーション機器に精通し、自分でプロトタイピングしてアイデアを形にすることに慣れ親しんだ、まさにMakerを絵に描いたような学生だった。その彼が就職先として選んだのは日本の大手電機メーカーだという。そのことにクリスはかなりショックを受けたようだった。

別に、大手電機メーカーが悪いというわけではもちろんない。『MAKERS』で描かれた「モノのロングテール」とはいわゆる「大手」がなくなることではなく、単に大手による「独占」がなくなるというものだ。だから選択肢が広がりより豊かになるという話にすぎない。それでも、優秀でMAKERSのスピリットを体現するような学生(新たなイノベーションを起こすロングテールの担い手)と、ヘッド部分に留まろうとしてグローバル経済の中でもがく姿が目立つ日本の大手電機メーカーとがなぜ結びつくのか、クリスの頭の中では理解できなかったようだ。それが冒頭のセリフにつながったのだろう。

でも、この話は単に一人の学生の将来に限ったものではない。それどころか、クリスが来日した2日間、メディアのインタビューやWIRED Conference 2012におけるセッションからも繰り返し明らかになった根本的な問題の、ひとつの変奏なのだと今では思える。たとえば来日中のインタビューでクリスが繰り返し受けた質問は、「メイカームーブメントは日本でも根付くのか?」というものだった。でも、ちょっと考えると、この問いの立て方は少しおかしい。

もし質問が「3Dプリンタはこれから安くなって普及するのか?」あるいは「ウェブによる様々なサービスは進化していくのか?」という質問だったら、それには単純にイエス(あるいはノー)と言えるだろう。でも、メイカームーブメントが人々のクリエイティビティを実現させ、自分の力でアイデアをプロダクトにする動きのことを言うのだとすれば、それが根付くのかどうかは、言い換えれば、クリエイティビティやアイデアを持ってそれを実現しようと日本人が思うかどうかは、日本人である僕たち自身のほうが分かるはずだ、と僕なら思う。

これと似たような話を、WIRED Conference 2012にも登壇した小林弘人さん(インフォバーンCEO)が以前語っていた。1994年当時にWIRED日本版を立ち上げ当初、彼はWIREDという雑誌について説明する前に、まずインターネットとは何かを繰り返し説明しなければならなかったそうだ。大手メディアの記者から、「そんなものが流行るんですか?」と言われたという(今だからこそ笑い話だけれど)。今回の来日時のインタビューでも、とある対談で、「3Dプリンタとは何なのか」を繰り返し質問され、その説明にクリスは20分を要した。大きな変革の予感にさらされた時、人は得てして目に見える分かりやすい変化に注目してしまう。本当に変化を迫られているのはテクノロジーではなくて、それを使いこなす僕ら自身なのに。

だから今回のWIRED Conference 2012の最後のトークセッションが、期せずして「日本人論」になったのもうなずける(詳しくはこちらのポストを読んでいただきたい)。あの控え室での会話で、「せっかくならこれをトークのネタにしては?」と僕が振ると、クリスは「いや、それはやめておこう」と応えた。それでも彼がけっきょくこの話題をトークセッションで出したのは、やはりそこに本質的な問題が横たわっていると感じたからなのかもしれない。

そのことは、壇上に上がった他のスピーカーからも伝わってきた。日本はものづくりにプライドと歴史と技術を持っている。AKQAバイス・プレジデントのレイ・イナモト氏は「日本が各国から一番クールだと思われいている」という調査を例に上げて、必要なのは自信だと説き、ファブラボジャパン発起人、慶應義塾大学環境情報学部准教授である田中浩也氏は、工作機器こそ実は日本のお家芸なのだと国産メイカームーブメントを鼓舞した。

(参考)アドビ システムズ、“クリエイティビティ”に関する世界的な意識調査を実施

一方で、日本人は商品への愛情がないのではというPCHインターナショナルのリアム・ケイシーや、「なぜ大企業に就職するんだろう?」と疑問を持つクリスの目には、日本はまったく違った姿に写っている。この乖離はなんだろうか? そこにこそ、日本がメイカームーブメントに対峙することで明るみに出る、次の一歩のためのヒントがあるのではないだろうか?

例えばセッションの後に行なわれた会場からの質問が象徴的だった。ドアを作る製造会社を経営しているというその質問者は、「ドアについてコミュニティを作るといっても、ドアに興味がある人なんて少ないだろうし、オープンソースで開発といっても、中国にすぐ盗まれて終わりではないか?」と、メイカームーブメントをどう自社で活かせばいいのかという主旨の質問をした。コミュニティやオープンソースの部分こそ、日本でメイカームーブメントが進展していく上でもっとも重要な課題ではないかと僕も常々思っている。

それについてクリスは、「ドアはまだまだ進化できるし(たとえば施錠の有無がスマホから分かったりとか、鍵がなくても特定の人を認識して自動で開くとか、誰がいつ通過したかがログとしてとれるとか、いくらでも考えられるだろう)、ネットでそれを投げかければ、様々な人が、様々なアイデアやソリューションを出してくれるはずだ」と答え、ユーザー視点から考えることを強調した。「あなたやあなたの周りには、まだまだアイデアがあるはずだ」と。

メイカームーブメントの根底には、個人が自分のアイデアやクリエイティビティを企業や大組織に頼らなくても実現できる、という思想がある。それは「パーソナル・コンピュータ革命」の時代から変わらない。その背景には、個の才能を誰もが活かせる社会こそ善なのだという信念があるからだ。クリスが本当に伝えたかったこと、あるいは彼が自らのキャリアによって身を持って示していたのもここなのだ。つまるところ、クリスの来日中に感じていた、ある種の「噛み合わなさ」のようなものは、恐らくこの前提のところをメイカームーブメントから感じられるかどうかにあるのかもしれない。

日本はモノづくりや技術、それにクリエイティビティやアイデアにおいても素晴らしいものを持った国だ、でもそれを大企業に頼らず個人やチームで実現していくには、メイカームーブメントを「アメリカから来たブーム」とだけ捉えるのではなく、自らが積極的に取り込んでいくべきチャンスだと捉えなければならない。だからクリスはロールモデルの必要性を感じ、「日本からどんどんヒーローを出していき、『WIRED』日本版の表紙を飾ってもらいたい」と言ったのだろう。

夜に行なわれたWired Conferenceの第二部は、メイカームーブメントではなく『WIRED』本誌についてのクリスと若林編集長のセッションだった。最後に今後の『WIRED』についてアドバイスを求められたクリスはこんなことを言っている。「『WIRED』はつねにマジョリティによるメインカルチャーではなくサブカルチャーに注目し、時としてそれがスーパーカルチャーになるのを支えてきた。大企業や体制や既存組織の側ではなく、新しいムーブメントを始めようとするスタートアップや個人の側を応援してきた。今後もそうした雑誌であって欲しい」と。メイカームーブメント自体も、まさにその延長にある。果たして僕たちには出来るだろうか? そんな問いを投げかけられた、クリス来日の2日間だった。

広告

公共2.0 〜『一般意志2.0』と『パブリック』を接続する試み

奇しくも東浩紀氏の『一般意思2.0』と僕が編集したジェフ・ジャービス氏の『パブリック』という同時期に刊行された書籍がともに「公共」を主題に取り上げている。もちろん『一般意思2.0』は日本を代表する思想家が基本的に2009年からの連載をまとめたものだし、『パブリック』はアメリカのメディア/ITジャーナリストの本なので、刊行にいたるまでの文脈やバックグラウンドは相当に違う。

でも一方で、情報化社会の深化を前提に、カントからハーバーマスやアーレントへ連なる近代的理性に拠る「公共」をもはや「非現実的」としてルソーにまで遡る東氏のアプローチと、ハーバーマスを批判的に継承しつつ新しい「パブリック」の創出を論じるジャービスのアプローチには共通性があるし、『動物化するポストモダン』以降の00年代的アーキテクチャ論(と僕が勝手に命名)を牽引してきた東氏と「テクノロジー決定論者」を自称するジャービス氏の距離はそれほど遠くはないかも知れない。加えて本書で「夢を語ろうと思う」と公言する東氏と確信犯的楽観論を繰り出すジャービス氏のメンタリティもシンクロしている。

そこで、二つの異同を概観しながらそれを接続する試みをしてみたい。抽象的な概念を弄した雑な議論になってしまうが、その射程は今後5年、10年の(東氏に言わせれば50年の)変化を見通すものになるはずだ。まずは『一般意思2.0』。

東氏の議論は明快で、近代以降、理想とされているような熟議民主主義は機能していないし、今後テクノロジーが進展して、例えばソーシャル・ネットワークがすみずみまで人々をつなげたとしても、直接制民主主義が復活したりということはありえない、なぜなら「熟議」がその規模で機能しないから、というものだ。つまり、一見SNSが熟議を促進するように見えて、それは限られたクラスタ内の均一な能力なり見識を持つ人々に限られるのであり、参加コストが高く、大きな公共圏にはなりえないというわけだ。東氏はここから小さな公共たちの集合としての複数の「一般意志1.0」を導き出す。

一方で、情報テクノロジーが僕たちをどこに連れて行ってくれるかというと、ビッグデータの世界だ。それは例えばグーグルの世界であって、無意識の欲望や意志が検索語となって膨大に蓄積されていく。その巨大なデータをデータマイニングによって分析すれば、そこには人々の無意識の一般意志が立ち現れるはずだ。それはもっともプライベートな情報が形作る「無意識の公共圏」であり、その巨大データベース=「一般意志2.0」に駆動される民主主義は無意識民主主義と名付けられる。

来たる社会はこの両者(一般意志1.0と2.0)が交わるダイナミズムが生みだす民主主義2.0となるわけだが、「公共」という観点から見るとそこには面白い逆転が起きている。アーレントは私的/公的という区分を動物的/人間的と対応させつつ、パブリックになることで人間は初めて「人間」になると説いた。しかし民主主義2.0の社会においては、「私的で動物的な行動の集積こそが公的領域(データベース)を形作り、公的で人間的な行動(熟議)はもはや密室すなわち私的領域でしか成立しない」のだ(これをローティをひいて論じる部分はスリリングで面白い)。

これを『パブリック』の側から読むとどうなるのだろうか。僕には本書が民主主義2.0への変化の指南書のような位置づけにも思える。ジェフ・ジャービスはハーバーマスの公共圏(public sphere)と公共の領域(the publics)の位相を引き受けながら、ただひとつの公共圏よりも、多数の「僕たちの公共の領域」を擁護する。そしてネット時代に「バラバラの争点をもつ無数の公共の領域」に人々が移行することを憂えるハーバーマスを批判するのだ。これは明らかに、単独の公共圏における熟議民主主義の限界と「複数の一般意志1.0」を導きだす東氏と同じベクトルになる。

では一般意志2.0についてはどうだろうか? もちろん東氏のこのユニークな議論をそのままトレースするような記述は『パブリック』にはないし、パブリックを「コラボレーション」「市民による市民のためのツール」とするジェフ・ジャービスには「動物的データベース」という視点はない。一方で、ガバメント2.0的なビッグデータの活用についてページを割いているし、購買履歴をシェアするサービスBlippy(今ではレビューサイトになっている)のことを「スーパー・パブリック・カンパニー」として取り上げるなど、「人々の欲望を記録してデータベースをつくる」ことが新たな価値を生むことについてはむしろ過激な立場をとっているとも言えるかもしれない。

ジャービス氏の主張は明快で、「パブリックにすることのメリット/デメリットを考えた時に、そのメリットはデメリットを上回る」というものだ。生まれた直後からの診療記録がすべてまとめられてデータベース化され医療機関でシェアされるのは、「気持ち悪い」という人もいるかもしれないが「そんな便利なことはない」はずだ。自分の居場所をいちいちチェックインするのは「理解不能」かもしれないが、その集積からは新たなマーケティングや都市計画や需要が発見されるかもしれない。ツイッターのトレンドワードを追うことでインフルエンザの伝播経路や株価や映画の興行収益や選挙結果がかなりの確度で分かることはいまや有名だ。僕らがより多くのデータをシェアすれば、それがビッグデータとなって有用に使われる「可能性は高まる」。

そのために彼は「パブリックの守護者」を自任する。プライバシーの価値は充分に認めているし、プライバシーには守護者がたくさんいる。しかしパブリックの価値を守る人はいない。データベースが人間的であろうが動物的であろうが、そのデータをどうやって集めるのか? 僕らはどこまでデータを出す(意識/無意識によらず)べきなのかについて、「パブリック側」の守護者も必要だ、とうわけだ。プライバシー議論はますます盛んになり、無意識の一般意志が立ち現れるはずの巨大データベースの構築をあらゆる面で阻止しようとしている。東氏はある意味でリバタリアン的な市場主義によって無意識の欲望が自ずとデータベース化される社会を見ているが、現実にはビッグデータの活用は社会規範や法律や政治や慣習が複雑に絡まりあった茨の世界だからだ。

その議論の先には、やはり公的/私的の枠組みの変化がある。ジェフ・ジャービスはあくまでも「僕たちの公共領域」=一般意志1.0に可能性を見出しているけれど、そのために整備するべき「パブリック」のあり方は必然的に一般意志2.0を準備する。東氏は一般意志1.0を「mixi民主主義」、一般意志2.0を「グーグル民主主義」と対比させ、それらのダイナミズムから生まれる民主主義2.0を「ツイッター民主主義」と名付けている。ジャービスがパブリックのツールとして信頼を寄せるのもツイッターであり、東氏がニコ動をひきあいに説明したダイナミズムとまったく同じ議論をPodcastとTwitterを連動させる経験から描きだす。例えばジェフ・ジャービスのブログ「BuzzMachine」のポストにもあるような #OccupyWallStreet や #fuckyouwashington といったハッシュタグへのジャービスの信任は、明らかに意思の集積としての一般意志2.0の予兆を読み取っていると言えないだろうか。

『パブリック』の副題にある「開かれたネットの価値を最大化」するというのは、これまで私的な領域にあったものを公的領域に押し上げることで、新たな価値=一般意志が生まれてくる、という方向性としても読めるだろう。両著に共通するのは、ネットとテクノロジーによる新しい「公共」の誕生であり、それが従来の特権的な公共圏を解放したり民主化するというよりは、新たな回路による公共2.0的なものを創出しつつあって、今後社会はそれを前提とした調整、再編成が必要であるというメッセージだ。『パブリック』にはその現在進行形の議論が個人・企業・政府といった各プレイヤーの視点から描かれていて、『一般意志2.0』はその思想的グランド・デザインが描かれている、と言えるだろうか。2冊を続けて読むことで頭の中が刺激され整理されて面白い。

本と想いをシェアする本棚 “Share the Book”スタート

僕の大好きな書店、SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERSさんで、「本を愛する人たちから「書棚に眠っている本」を受け取り、それを、本の想い出と一緒に新しい持ち主の元へと送り届ける」というコンセプトの『Share the Book』という新しい本のリサイクルの試みが始まりました。

http://www.shibuyabooks.net/blogs/information/201108221819004027.html

僕もお声がけいただいて7点ほど出品しました。ちょうど高校生〜社会人になる頃までの青春グラフィティみたいな構成にしてみました。せっかくなのでこちらにも転載(元サイトだと逆順に掲載されているので)。

___
『Norwegian Wood』Haruki Murakami

1,050円 (税込)

高校の現国の授業で「古典とは何か」という課題が出た時に、ぼくは『ノルウェイの森』を題材に選んだ。もちろんいわゆる“古典”ではないけれど、「古典と は何度読んでもその人の成長に合わせて新鮮な何かを与える作品である」と書いて提出したら満点をもらった。以来、日本語でも英語でも何度か読んでいます。 英語で読むとまた新鮮ですよ。

 

『RAVE TRAVELLER』清野栄一

525円 (税込)

大学に入ったぼくは“遅れてきたヒッピー”になった。それはバブル真っ盛りの時代で、オルタナティブを模索していた当時のぼくたちにとって、旅とトランス に明け暮れるレイヴは正しく60年代を継承した文字通り“セカンド・サマー・オブ・ラブ”の到来だった。

『BE HERE NOW』ラム・ダス+ラマ・ファウンデーション

1,575円 (税込)

そんな“セカンド・サマー・オブ・ラブ”の時代に必読書だったのが本書。本棚に長く眠っていてほとんど新品同様ですが、エディトリアル・デザインも素晴らしいです。ぜひ知覚の扉を開けて下さい。

『ナウシカ解読』稲葉振一郎

1,050円 (税込)

大 学では“遅れてきたニューアカかぶれ”にもなって、柄谷行人とかドゥルーズやフーコーなんかをひたすら読んでいたわけですが、中でもいわゆるサブカル批 評の枠を越えた、若き稲葉振一郎氏のこの著書は、今、ポスト3.11の日本でこそ再読したい一冊。ちなみに氏は大学のゼミの先輩。

 

『techno style album cover art』martin pesch & markus weisbeck

1,050円 (税込)

大学4年のときに初めてのパソコンとしてMacintosh LC630を買った。そしてアップルとヒッピーカルチャーの共鳴を主題にした「DIGITAL LOVE & PEACE」という卒論を後に書くわけですが、Macの使い道として興味があったのがデザインで、テクノのアルバムカバーやフライヤーを見よう見まねで真 似ていました。

 

『THE NEW TYPOGRAPHY』JAN TSCHICHOLD

3,675円 (税込)

出版社に入ってからは自宅のMacでDTPを独学して、その過程でエディトリアルデザインとタイポグラフィに興味を持ちました。本書はもともと1928年 にドイツで出版されたものの英訳版で、著者のヤン・チヒョルトはバウハウスの影響を受けながらモダン・タイポグラフィを確立した第一人者であり資料的価値 も高い一冊です。

 

『ぼくは静かに揺れ動く』ハニフ・クレイシ

525円 (税込)

イギリスを代表する作家ハニフ・クレイシのこの新作を読んだぼくは、知りあって10年になる当時の彼女と同棲していた家を出ることに決めた、そんな人生の 転機を後押しした思い出深い一冊です。今のぼくにはもう必要ないかなと思うので、「静かに揺れ動く」すべての男性にぜひ。

___

松島倫明(まつしま・みちあき)/書籍編集者/1972年東京生まれ/翻訳書のノンフィクションから小説までを幅広く手がける。『フリー』『シェア』『国のない男』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』『BORN TO RUN』など。

Free! Why $0.00 is the Future of Business

ブレイン・ルール [DVD付き]


脳の力を100%活用するための12のブレイン・ルール。 



※ウォーキングマシンで歩きながら勉強や仕事をしよう!
※会議や講義は10分単位で! それが注意力の限界。
※視覚はどんな感覚にも勝る。パワーポイントは絶対ダメ。
※職場にお昼寝タイムを設けよう! 3時の会議は最悪。

脳の働く仕組みから考えれば、これが正解。・・・・・・たとえ突飛なアイデアでも!
巷には脳の本が溢れていますが、本当は脳の仕組みは複雑で、水の入ったコップを持ち上げる動作ですら、どうして脳が知っているのか解明できていないのだとか。
本書は本当に脳科学の世界で証明されている研究成果だけをもとにして、シンプルだけどとっても強力な脳の仕組みを「ブレイン・ルール」として紹介します。
 私たちの生活は、脳にとって最悪の職場環境、記憶と学習に逆行する学校のカリキュラム、睡眠リズムを無視した生活サイクル、脳では対処しきれないストレスなど、ことごとくブレイン・ルールに逆行しています。数百万年かけて進化してきた脳は急にはこの現代生活に適応できません。私たちが、脳のルールに従って、実生活を変えていかなければならないのです。今からでも遅くはありません! 

脳を鍛えるには運動しかない!

「脳を活かす~」式の本が巷に溢れていますが、最新の脳科学が証明する身も蓋もない事実はズバリ──「運動すれば脳はよくなる」だ。しかもさまざまな面で。運動は、体のためよりもまず第一に脳のため。これは、読んだ人の人生を変える一冊だ。

◎運動をさせた子どもは成績が上がる。

◎運動すると35%も脳の神経成長因子が増える。
◎運動することでストレスやうつを抑えられる。
◎運動で5歳児のIQと言語能力には大きな差がでる。
◎運動する人は癌にかかりにくい。
◎運動を週2回以上続ければ認知症になる確率が半分になる。 

 アメリカ・イリノイ州のとある学区では、朝の授業の前に「0時間体育」の試みを始めたところ、参加する生徒の成績が上がった。しかも、0時間目の直後に受けた1時間目の教科にとくに顕著な効果が現れた。その理由は──予想もしなかった運動と脳の関係にあった。

 運動すると気分がスッキリすることは誰でも知っている。けれどもなぜそうなるのかわかっている人はほとんどいない。本書は「運動と脳」の関係に神経科学の視点から初めてしっかりとメスを入れ、運動するとなぜ学習能力が上がるのか──のみならず、ストレス、不安、うつ、ADHD、依存症、ホルモン変化、加齢といった人間の生活・人生全般に影響を及ぼすのか、運動がいかに脳を鍛え、頭の働きを取り戻し、気持ちを上げるかを解き明かす。


「この10年、脳についてたくさんの本を読んできたけれど、本書はもっとも役に立つ1冊だ」

(ドナルド・ミッチェル:amazon.comトップ10レビュワー) 

余華(Yu Hua)インタビュー in Newsweek

英語でもやっと余華の『兄弟』(”Brothers”)が刊行されたのに合わせてか、余華のインタビュー「Talking About His Generation」が載っていた。本書は文化大革命の終わりから現代中国まで時代を疾走した兄弟の物語。破天荒で最後は億万長者になる弟と実直で働き者で底辺で生きる兄の波瀾万丈な人生を描いた傑作で、中国では「軽薄! ソープドラマ! ゴミ小説! 文学界の猛批判をヨソに爆発的なヒット」となり数百万部は売れたらしい。
特に開放経済下の描写は成金主義と汚職と企業倫理の崩壊を描いていて「やり過ぎ」批判も多かったらしい。たとえば億万長者として成功した主人公が金のトイレを買うシーンがあって、「いくらなんでもあり得ない」という批評があったらしいが、余華はインタビューの中で、「連載中にこのシーンを書いた直後にある友人が電話してきて『おい、あれはオレの家のことを書いたのか』って訊いてきたよ」と答えていて笑える。
でも興味深いのはこの記事のサブタイトル「Novelist Yu Hua captures China’s extremes—without being banned.」にもある点だ。余華は前作『活きる』(張芸謀〔チャン・イーモウ〕で映画化された)でも地主階級だった主人公が国民党から毛沢東へと時代の中で翻弄される姿を描いている。そこには鋭い社会批評や歴史への反省を促す要素が描かれていながら、共産主義政権下で発禁処分になったことがないのだ。そこが例えば国外に出て同じテーマを書いているハ・ジン(アメリカ国籍取得。英語で執筆。『待ち暮らし』で1999年全米図書賞)やガオ・シンジェン(高行健 フランス国籍取得。2000年に華人としては初のノーベル文学賞を受賞)など自発的故国喪失者とは決定的に違う。その違いは何かというと、ただひとつ。「天安門事件に決して触れない」からだ。インタビューで余華は天安門事件について「もう誰も本気で考えちゃいない。そもそも若い世代は教えられていないから知らないし、知識人たちも現状は良くなっているからもう気にしていない」と答えている。きっと自分の置かれた状況を踏まえての方便だろう。作品やインタビューの受け答えからは、余華自身がいい意味で嘘とはったりも交えながら人生を生きている感が出ていて、ますます作品が好きになった。