Steve Jobs / Walter Isaacson

 期待以上によかったです。なんとなくは彼の人生の物語を知っているつもりでいただけれど、やはり伝記でしっかり通して一人の傑物の人生を読むというのは贅沢な体験だなと思いました。

 彼の変人ぶりやものすごく「嫌な奴だった」エピソードのオンパレードがストーリー全体に花を添えているわけですが(笑、彼のアップルへの(偏)愛や、「明日は倒産」の瀬戸際から世界一の企業価値を持つまでに成長させたその「正史」もさることながら、若いころの生い立ちからドロップアウト〜インド放浪〜LSDときてデザインと技術を完全に一体化させたアップル哲学へと行き着くその精神の軌跡が非常に興味深く共感できました。「LSDを体験した人にしかわからない」というジョブズの発言にニヤニヤしてみたり──Think Different.

 ジョブズのend to endなアップルの製品哲学はクローズドなものとしてマイクロソフトの(そして今はGoogleの)オープン戦略と対置されるわけですが、それはビジネスモデルとしての議論であってジョブズの思想を適切に表しているとは思えないのは、彼のデザインした製品はすべて、人を「自由に」するためのものだったから。パーソナルコンピュータは、それまで資本や権力の象徴であったコンピュータを「人民のコンピュータ」として「僕らの側」のツールにする歴史的な一歩だったわけです。

 そしてそこで大事なのが、ハードやソフトについて何も考えさせない「統合美」という思想です(それがクローズドだとして時に非難されるわけですが)。ハードウェアを究極の直感的インターフェイスにして人間とソフトをいかにダイレクトに、シームレスに、あるいは想像力を刺激する形で繋げるか、つまり『そのデバイスでどんなクリエイティヴなことができるのか』こそが、ジョブズにとって大切だったわけで、そのことはいくら強調しすぎても足りません。そこが彼の原点だし、そういった製品を追い求めてここまで走ってきたのだと、本書を読んで改めて確信しました。

 というのも、パソコンってスペックやら商品やらに拘泥する、いわばハードおたくやソフト比較マニアとか多いですよね。僕は昔からそうしたフェティッシュな気質がまったくないので最初からMac使いだったのですが、Macの世界でもやはりそういう人がいて、思わず「ところであなたはそのMacでいったい何を創りたいの?」と訊きたくなることが昔はよくありました。ちょうど今で言えば、「ソーシャル、ソーシャル」って言っているけれど、いったい「あなた」はそれで何がやりたいの? というのと同じです。今はコンピュータについていちいちスペックを語り合うといったことがなくなって本当に住みやすい世の中になったな、と思うわけですが、ジョブズが目指していたのはもともとそういう世界だと思うのです。テクノロジーにあなたが迎合したり拘泥したり困惑したりするのではなくて、テクノロジーが自然にあなたの創造性を刺激し拡張する世界。それを実現したのがアップルでした。

 ジョブズは、まぁ付き合うには難しい人物だったのでしょうが、一方で人の(そして自分の)クリエイティビティというものを、あるいは誰もがクリエティブで在りたいと思っていて、それが人間の根源的な喜びなのだということを、ナイーブなほどに心底信じていたんだなぁと改めて感じました。それはAppstoreの「検閲」問題のハイ・サブカルチャーとでも言う志向にも見られるわけですが、あれもその源流はクローズドとかコントロールということではなくて、クリエイティビティ志向と表裏でしかないわけで、そういう意味では音楽とか映像といった、どちらかといえば近代の「コンテンツ」を愚直に解放してきたアップルが、今後のネットワーク時代において「関係性」が「コンテンツ」を覆ったときに、それをどう有機的に繋げていくのか、あるいはそれは歴史的にまた次のプレーヤーの役割なのか、20世紀を背負ったジョブズのこの10年の軌跡を思う時に、その先を思わずにはいられないわけです。

 その精神の軌跡に大きな影響を与えたであろう禅との関わり(京都をプライベートで度々訪れていたらしいですね)については本書ではあまり書きこまれていなかったので、次は『The Zen of Steve Jobs』というコミックを注文してみました。年明け発売みたいですね。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中