余華(Yu Hua)インタビュー in Newsweek

英語でもやっと余華の『兄弟』(”Brothers”)が刊行されたのに合わせてか、余華のインタビュー「Talking About His Generation」が載っていた。本書は文化大革命の終わりから現代中国まで時代を疾走した兄弟の物語。破天荒で最後は億万長者になる弟と実直で働き者で底辺で生きる兄の波瀾万丈な人生を描いた傑作で、中国では「軽薄! ソープドラマ! ゴミ小説! 文学界の猛批判をヨソに爆発的なヒット」となり数百万部は売れたらしい。
特に開放経済下の描写は成金主義と汚職と企業倫理の崩壊を描いていて「やり過ぎ」批判も多かったらしい。たとえば億万長者として成功した主人公が金のトイレを買うシーンがあって、「いくらなんでもあり得ない」という批評があったらしいが、余華はインタビューの中で、「連載中にこのシーンを書いた直後にある友人が電話してきて『おい、あれはオレの家のことを書いたのか』って訊いてきたよ」と答えていて笑える。
でも興味深いのはこの記事のサブタイトル「Novelist Yu Hua captures China’s extremes—without being banned.」にもある点だ。余華は前作『活きる』(張芸謀〔チャン・イーモウ〕で映画化された)でも地主階級だった主人公が国民党から毛沢東へと時代の中で翻弄される姿を描いている。そこには鋭い社会批評や歴史への反省を促す要素が描かれていながら、共産主義政権下で発禁処分になったことがないのだ。そこが例えば国外に出て同じテーマを書いているハ・ジン(アメリカ国籍取得。英語で執筆。『待ち暮らし』で1999年全米図書賞)やガオ・シンジェン(高行健 フランス国籍取得。2000年に華人としては初のノーベル文学賞を受賞)など自発的故国喪失者とは決定的に違う。その違いは何かというと、ただひとつ。「天安門事件に決して触れない」からだ。インタビューで余華は天安門事件について「もう誰も本気で考えちゃいない。そもそも若い世代は教えられていないから知らないし、知識人たちも現状は良くなっているからもう気にしていない」と答えている。きっと自分の置かれた状況を踏まえての方便だろう。作品やインタビューの受け答えからは、余華自身がいい意味で嘘とはったりも交えながら人生を生きている感が出ていて、ますます作品が好きになった。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中