西伊豆堂ヶ島 2days

夏からのびのびになっていた男二人の温泉旅行をついに決行。去年2月の大沢山温泉以来で、気の置けない友人Tと、なーんにも考えずに息抜き、魂の洗濯をするのが目的。初日は品川から踊子号で修善寺まで行き、バスで土肥まで一時間ほど揺られたところで昼食に地物のちらし寿司をいただく。堂ヶ島まで再びバスでのんびり移動。洞くつ巡りは高波のために運休で、加山雄三ミュージアムに未練を残すTを無視して、沢田公園露天風呂へ。ここは西伊豆でも随一の、断崖沿いの露天風呂。ゆっくり入ってそのまま太平洋に沈む夕日を拝む。絶景(写真はイメージです)。夜は潮さいの宿かごやでダラダラと飲み続けながら温泉三昧。翌日は堂ヶ島の遊覧船で天窓洞を拝む。これは本当に美しい。でのその後に行った宇久須の黄金崎の海の美しさには驚く。まるでコートダジュールのような海。なんでここで泳げないのだろう、ともったいなく思う。ここ宇久須の名物、小あじ鮨を三共食堂で。小振りでとても美味しく、金目鯛のみそ汁との相性が抜群だった。土肥まで戻ってここからフェリーで沼津へ。漁港で干物のお土産を買って、大型展望水門びゅうおを冷やかし、漁港前のパブ、タップルームへ。日本でパブはまだ珍しいのに、しかも沼津で、というのがかわっている。じつはTが昔取材で訪れたことがあるそうで、オーナーのベアードさんが自ら醸造した数多くのオリジナル・ビールが楽しめる。島国スタウトが最高で、3杯ほど楽しんだあと沼津駅に移って駅前で寿司を楽しみ、新幹線で帰京。食べて飲んでのんびりしただけの2日間。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中