メアリー・ローチ来日


 来日している『セックスと科学のイケない関係』の著者メアリー・ローチと担当編集者MとタトルTさんと新宿のシャーウッドでディナー。僕は前著2作『死体はみんな生きている』『霊魂だけが知っている』の担当編集者だったのだけれど、なぜ今回は担当を降りたのかと(冗談で)突っ込まれる。その理由は新作を読んでもらえればわかるはずなのだけれど、メアリー・ローチは思ったよりはお年を召していて、それでも体当たりでこのテーマと取り組んだのはさすが。書きぶりに違わぬ面白い方だった。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中