マリオ曼陀羅展

マリオ曼陀羅展をやっている銀座のGallery Bar Kajimaでマリオさんと角川のYさんと飲む。この前の金原瑞人さんパーティで久方ぶりにYさんにお会いしたのがきっかけで、折良くマリオ曼陀羅展が今月9日から始まっていることもあり、ではその会場でということに。モノクロの作品からスケボーの板に書かれたクールな作品群、そして新作のミラー曼荼羅まで、充実した展示になっていて、ミラー曼荼羅はものすごく購入意欲をかき立てられたのだけど(新居に欲しいなと)、気に入った茶色フレームで余白を贅沢にとった作品いくつかはすでに売約済みになっていて残念。ゴールドフレームなどは、やはり飾る場所を選ぶので冒険できなかった。惜しい。次の作品を狙おう。

 展覧会会期中は明川哲也さんをはじめさまざまなアーティストとのコラボ企画が組まれているのだけれど、今日は平日ののんびりした日で、本日入荷の蕗を使ったマスターの美味しい手料理に舌鼓を打ちながら、美味しくワインをいただく。3人とも翻訳業界だから、作品の話や業界の話(特に日本のマーケットの特殊性)、それに著者エージェントの話題まで、いつまでも話は尽きない。お店がお開きになったところで、日本一スヌーカーが上手い翻訳家(か、日本一翻訳が上手いスヌーカー選手か忘れたけど)シモンさんと高田馬場で合流。兄マリオさんの個展祝いにと持ってきたポイヤックのシャトー・ピション・ロングヴィル・バロンをみんなでいただく。この兄弟愛にはいつも涙がでる。そしてピション・ロングヴィル・バロンの美味さにも。出版界ビリヤード大会を9月に開催することを決定する。種目は9ボール(スヌーカーだとシモンさんが余裕で勝ってしまうので)。出版界のキュー・スポーツ愛好家の方々、ぜひご参加(ご一報)下さい。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中