FREITAGのバッグを買う

 台風一過の青空の日曜日、白金台から広尾、六本木、乃木坂、青山へとCと一緒に気まま散歩に出かける。特に目的地がなかったのだけど、曼荼羅アーチスト:マリオさんのデザインした曼荼羅Tシャツが新国立美術館の地下ショップ「スーベニアフロムトーキョー(SFT)」で発売になっていたので、それを買いに行くことに。これはユニクロとのコラボなので、ユニクロのサイトからも買えるのだけど、もうひとつ、CIBONEのメルマガで、ちょうどFREITAGのエキシヴィジョンもSFTで始まったことを知っていたので、これもついでに見たいな、と思い。Tシャツは色も曼荼羅も超クール。
 使用済みのトラックの幌、車のシートベルト、自転車のインナーチューブなど、すべて再利用品から作られたFREITAG、だから同じデザインのものは一つもないし、全てのバッグにIDが付けられ、永久修理保証が受けられる。デザインとエコ・コンシャスが両立した、まぁ都会人ウケする鞄なのだ。前にどこかのお店(kurkkuだったと思う)で見たときは、再利用品ならではの汚れを「古いな」と正直思ったのだが、それも単品ごとにぜんぜん違うし、このまえ紀晴さんが持っていたのを見て、改めて気になっていたのだ。
 で、結局曼荼羅Tシャツと同デザインのポストカードとFREITAGのJoeモデルを購入。大人気で混み合っていたフェルメール展には目もくれず(笑・「牛乳を注ぐ女」もいいけど、ハーグのマウリッツハイス美術館で見た「真珠の耳飾の少女」が僕のベストなのだ)。
 大好きな cafe246で一休みして、book246で石川直樹さんセレクトの棚をチェックし、最終目的地に祭りあげていた神宮のバッティングセンターまで行くと、折悪く試合終了直後の六大学野球の観客でごった返していたのでパス。さすがに午後いっぱい歩いて疲れたので、タクシーで白金まで戻る。何もなかったけどリフレッシュできた日曜日。
広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中